Author:
• 土曜日, 4月 02nd, 2011

規格外野菜ってご存知ですか?一般に流通している野菜や果物には、決まった規格があります。色の違いや見た目の形、大きさなどいろいろな段階で規格が分かれていますが、そのどれにも属さないものが規格外になります。

スーパーで売られているきゅうりなどは、どれもスラッと背が伸びていますよね。曲がったきゅうりはあまり見ません。じゃがいもやトマトも同じような形や大きさのものばかり並んでいます。

このような仕組みが作られてしまった背景には、形や大きさを均一にした方が、輸送する際や箱詰めをする際にやりやすいという流通者側の利点と、形の悪いものよりも形のいいものを選んでしまうという消費者が多いということがあります。

形や見た目は違っていても、味は全く変わらないのに、廃棄されてしまう野菜たち。とてももったいないですよね。生産者である農家の方たちにとっては、かわいがって育ててきた野菜たちを捨ててしまうことは本当に悲しいことだと思います。

2010年10月に国もようやく、天候の関係で野菜の価格が高騰していることを受けて、規格外野菜の出荷を検討し始めました。野菜は生もの。検討しているのであれば、早く結論を出して、実行に移してほしいと思います。

今宅配のOisixなどでは、規格外野菜を取り扱って出荷しています。規格外ということで、おいしい野菜がお手頃な価格で手に入るということは消費者にとってもとてもうれしいことです!生産者と消費者、お互いにとっていい仕組みが出来上がっていけばいいですね!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.