Author:
• 土曜日, 4月 23rd, 2011

寒い冬は暖かいものが恋しくなりますよね。ほかほかしたものを食べると体も心もほかほかになります。

会社員の方などは、お昼休みに外食でランチメニューを注文されることがあると思いますが、だいたい女性向けにサラダが付いていますよね。注文するお客さんからしたら、「野菜がとれてうれしいわ」という感じだと思います。

ですが、残念なことにきゅうりやトマトは体を冷やしてしまいますので、冷え性の方などはさらに冷えを強めてしまうことになります。

冬には、冬に採れる野菜を温かくしていただきましょう。

大根は冬の野菜の代表選手ですね。大根は季節を問わず出回っていますが、冬に採れるものが甘みがあっておいしいです。大根は部位によって、辛さが異なっているので、利用する料理によって使い分けるとよりおいしくできるかもしれません。先のとがった方は、辛みが強いので、煮物にすると甘みが増しておいしくなります。辛いのが好きな方は大根おろしでもいいですね。真ん中は、味がしっかりしているので、おでんなどの煮物や風呂吹き大根がおすすめです。首の方は、ビタミンCが多く甘みがあるので、生で食べるサラダや大根おろしに向いています。

最近、私がはまっている温野菜料理と言えば、「豚肉と白菜の重ね煮」です。

豚肉スライスと白菜を交互に重ねて、塩を一つまみふりかけ、お好みでお酒をかけます。鍋にふたをして、弱火でコトコトと20分ほど煮てできあがりです。

白菜から水分が出て、煮汁にうまみがたっぷりと出ています。ポン酢で食べると最高においしいですね。簡単にできるので是非やってみてください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.