Author:
• 日曜日, 5月 15th, 2011

野菜って、使い方次第でどんなふうにでも料理できてしまうんですよね。不思議ですね~。そして、季節によって採れる野菜がそれぞれ違います(最近は、いつもスーパーに同じような野菜が並んでいるので、あまり季節感が感じられなくなっていますが…)。

できれば、その季節ごとの素材を生かした料理を作れたらいいですよね!!

…と思っていてもなかなか、ワンパターンになってしまっている私です。うちには育ち盛りの子供が二人いるのですが、生野菜などが嫌いであまり食べてくれません。でも、こうすれば食べてくれる!という料理があるので、それをご紹介したいと思います。

ギョーザ

とにかく、キャベツか白菜、にんじん、かぼちゃなどをゆでて、ギョーザの皮で包んでしまいます。ノーマルなギョーザですと、にらやおろしにんにく、おろししょうがなどを加えて包み、焼いて食べたり、水ギョーザにして食べたりします。にんじんやかぼちゃはマヨネーズなどで味付けしてから包んでもいいですし、つぶして包む時にとろけるチーズを一緒に包んで、揚げギョーザにしても喜んで食べてくれます。揚げギョーザは、おやつのような感じですね。

春巻き

これはどんな具でもいいのですが、できれば水分を飛ばした野菜がいいですね。レンコンやにんじん、しいたけごぼうなどくせのある野菜をフライパンで丁寧に炒めてからミンチを入れてとろみをつけて、皮に包んで油で揚げればおいしくいただけますよ。

野菜も思いつき次第でいろんなふうにアレンジできますね!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.