Author:
• 火曜日, 2月 15th, 2011

春は芽吹きの季節。寒かった冬を土の中でじっと耐えて過ごしていた生き物たちが息を吹きかえし、動物たち動き出し、植物たちが芽吹く季節です。

野菜も気温が暖かくなるにつれて、顔を出し始めます。春にはそういった芽を出し始める野菜が多く採れます。苦味を感じる野菜も多く、それらをいただくことによって私達人間も冬の寒さで固まってしまった体に、春の訪れを知らせ目覚めさせていくんですね。

キャベツ…ビタミンC、カルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富。ビタミンUも含んでおり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを予防する働きがある。

玉ねぎ…アリシンにビタミンB1の吸収を高める働きがあり、疲労回復に効果的。食欲増進、スタミナ増強、殺菌作用、血液サラサラの効果がある。

アスパラガス…アスパラギン酸で新陳代謝を促す。疲労回復やスタミナの増強に効果あり。タンパク質、糖質、カロテン、ビタミンB2なども豊富。

菜の花…カロテン、ビタミンB1、B2、Cが豊富で、カルシウムや鉄も含む。

ミツバ…カロテンなどのビタミン類やミネラルが豊富。香りの成分に食欲増進、ストレス・不眠の緩和などの効果がある。

セリ…カロテン、ビタミンCが多い。血圧降下、解毒作用、神経痛などに効果がある。

じゃがいも…ビタミンCが豊富。過熱後のビタミンCの残存率が70%と高い。

にら…カロテン、ビタミンCを多く含む。整腸、強壮作用が高い。

にんにく…硫化アリルがビタミンB1の吸収を高めるために疲労回復や体力増強に効果的である。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.