Author:
• 火曜日, 6月 28th, 2011

冬に採れる野菜は、体を温めるものが多いですね。そして夏や秋に採れた野菜で長期保存ができるものと合わせて調理することによって、さらに体をぽかぽかと温めることができます。実の色は白などの淡い色で、葉っぱは緑のものが多いのも特徴的です。

味のしみた煮物や鍋などで、体も心もほっこりして、寒い冬を乗り越えていきましょう。冬になると風邪やインフルエンザが流行しますが、ねぎやレンコンなど、薬のようにして使える野菜もありますので、使い方を知っておくと便利ですね。

ねぎ…硫化アリルがビタミンB1の吸収を高め、代謝をアップし疲労回復に効果がある。辛み成分に発汗作用があり、体を温める。葉にはカロテンやビタミンC、カルシウム、鉄、カリウムなどが豊富。

だいこん…根の部分は、ビタミンCと消化酵素が含まれている。葉は、ビタミンCやカロテン、カルシウム、鉄、カリウムなどが豊富。

かぶ…根はビタミンCや消化酵素のジアスターゼなどを含む。葉はビタミンCやカロテン、鉄などが豊富。

白菜…95%が水分。ビタミンC、カルシウム、鉄などを含む。

ほうれん草…カロテンが豊富。ビタミンB、Cも多い。鉄やカルシウム、葉酸も多く、貧血や骨粗しょう症の予防に効果的。

ブロッコリー…カロテンが豊富。ビタミンC、コレステロールを下げる葉酸のほか、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラルも豊富。

れんこん…主成分は糖質で、ビタミンCが豊富。のどの傷みの緩和、せき止め、むくみの解消、消化促進の薬効があると言われている。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.